ホーム > 塗装コラム > 【必見】湘北技建が考える塗装業者の選び方

塗装コラム

 2020年6月10日

【必見】湘北技建が考える塗装業者の選び方

《 塗装業者の選び方 》

色々な会社が塗装業者の選び方を紹介してますが、

①地元密着
②自社施工
③施工実績
④保証制度
⑤適正価格
⑥会社概要

など、どれも業者選びに大切な事だと思います。

インターネットでホームページを見ても、どの会社も素晴らしく見えるので、結局、どこの業者を選んだら良いかわかりません。

そこで、一番簡単に選べる方法として、『比較選択方法』で選んでみたらどうでしょう!

どんなに良い事を書いてあるホームページでも、その会社の窓口は担当者です。

とりあえず3社(直感)連絡してください!

3社に同じ内容、同じ条件で見積りを依頼します。

担当者に、こんな質問をしてみてください

❶経験は何年ありますか?

❷何か資格はお持ちですか?

❸塗装のインターバルについてどうお考えですか?

❹縁切りって何ですか?

❺サイディングの「湿乾伸縮』って何ですか?


ちょっと意地悪ですが
担当者の力量がわかります!
(経験や知識、技術がある方に担当してもらいたい)

3社の見積りと担当者を比較して、ご自分の家の工事に合った会社を選択してください!


例)
『A社の会社に施工してもらいたいが、B社の工事内容が良く、C社の価格が納得!』

その時は!

A社にB社の工事内容をC社の価格で依頼相談してみましょう!


直感で選んだ3社で決めれない時は4社でも良いのですが、
業者を増やすと悩んで決めれなくなりますので注意してください。

たぶん、直感の3社の中に、素敵な出会いがあると、自分は思っています。


質問に対して比較選択(答え)


❶経験は長いほど安心

❷資格は有った方が安心

❸インターバル(重ね乾燥時間の事)

外壁塗装工事では、塗料の三度塗りが基本になっています。

下塗りと中塗り、そして上塗りを行いますが、
それぞれの塗装作業に入る前に十分な乾燥時間、
いわゆるインターバル時間を取る必要があります。

インターバル時間は季節や天候によっても変わりますし、
塗料や外壁材、下塗り材によっても変わるので、注意が必要です。

雨が多い季節や、雪が多い氷点下が続く季節などは
空気中の水分量が多く湿度が高いので、
塗料が乾きにくい状況にありますから、
インターバル時間が長めに必要です。

また、水性塗料は油性塗料に比べて乾燥が遅いですから、
やはりインターバル時間を長く取る必要があります。

外壁塗装する季節や使用する塗料によって、
最長で15時間ほど、インターバル時間に差があることがあります。

もし、インターバル時間をしっかり取らないと
劣化を早めてしまう恐れがあります。

❹縁切りとタスペーサーについて

 

 

❺湿乾伸縮について

 湘北技建 星野啓司

ページ先頭へ戻る

表示モード:スマートフォン |